NFT

いれぶんNFT(ESR)ってどんなNFT?買い方&注意点をご紹介

【PR】本ページはプロモーションが含まれています。
ぼく

・ESRってどんなNFT?
・いれぶんさんってどんな人?
・どうやって買うの?

こんな疑問にお答えします。

いれぶんNFT(ESR)は、40代インフルエンサーのいれぶんさんが運営しているNFTプロジェクトです。

侍とロックを組み合わせており、キャラクターごとに独自の音楽が振り分けられています。

ぼく

でも、どうやって買うの?

そこで本記事では、いれぶんNFT(ESR)の買い方を初心者向けに図解でわかりやすく解説していきます。

買い方に関する注意点もご紹介しているので、ハッキング被害に遭わないためにもぜひ読み進めてみてください。

【手数料に関する重要なお知らせ】

利用する暗号資産(仮想通貨)取引所によって、各種手数料で大損する可能性があります。

たとえば、コインチェックやビットフライヤーでは、暗号資産(仮想通貨)ETHを1回送金するために0.005ETH(約1,200円)必要です。

※5回の送金で6,000円の損

ただし、GMOグループが運営するGMOコインなら入金・送金取引手数料がすべて無料で利用できます。

各種手数料で損しないためにも、事前にGMOコインで口座開設しておきましょう。

\最短10分で取引できる/

GMOコインで無料口座開設する

さらにGMOコインは、取引所で指値取引すれば取引手数料のキャッシュバックがもらえます。

多くの国内取引所で取引手数料は必要なので、損しないようにGMOコインで口座開設しておきましょう。

GMOコイン 手数料

いれぶんNFT(ESR)とは

プロジェクト名11×SAMURAI×ROCK(ESR)
運営者いれぶん 氏
クリエイターまがりん 氏
発行数22,222体
リリース日2023年11月11日12:00
価格0.001ETH(約250円)
公式DiscordいれぶんDAO
公式Xアカウントhttps://twitter.com/eleven_s_s

いれぶんNFT(ESR)は、「日本を元気にする」をテーマに運営されているNFTプロジェクトです。

日本が持つ「NFT×コミュニティ×エンタメ」の3つの武器で、世界に挑戦する意思を掲げています。

なお、NFTの購入は仮想通貨ETHだけではなく、クレジットカードでも購入できるので初心者も手軽に購入できます。

ジジ

ただし、クレジットカードで購入する場合は「商品代の4%+500円」の手数料がかかります!

きよあき

支払い方法別に購入手順を解説しているので、詳しくはこちらをご覧ください!

いれぶんNFT(ESR)の3つの特徴

いれぶんNFT(ESR)の特徴を3つご紹介します。

  • 運営者は40代インフルエンサー
  • コミュニティを重視している
  • NFTのメインデザインは全11種類

運営者は40代インフルエンサー

いれぶんNFT(ESR)は、Xフォロワー11万人を超えている40代インフルエンサーの「いれぶんさん」が運営しているNFTプロジェクトです。

いれぶんさんは、「時間・お金・心、3つの余裕を手に入れる」をテーマに、日々Xで発信活動をしています。

いれぶんさんの実績

  • 1年でフォロワー1万人を達成
  • 2年で経済的自由を手に入れる
  • 著書「40代から手に入れる最高の生き方」を出版
  • 著書「40代 X コミュニティ」を出版
  • 750名以上が参加するオンラインコミュニティ「いれぶん塾」を運営
ジジ

まさに、X(旧Twitter)で人生を変えた方です...!!

いれぶんさんは、NFTを通じて「人を元気にする」と著書「40代 X コミュニティ」で記しています。

より詳しい内容や最新情報が知りたい方は、無料で参加できる「いれぶんNFT(ESR)のDiscordコミュニティ」をご覧ください。

≫いれぶんNFT(ESR)のDiscordに参加してみる

コミュニティの意義を重視している

いれぶんNFT(ESR)は、コミュニティの意義を重視しているNFTプロジェクトです。

ジジ

どういう意味?

運営者のいれぶんさんは、ESRのコンセプトを「全員が主役になれる」と設定しています。

さらに、以下のように日本の未来を考えています。

ESRは、全員が主役になれる環境。アクティブな参加者が増えれば、コミュニティは盛り上がる。コミュニティが盛り上がれば、元気な人が増える。そして日本は元気になる。

引用:ESR公式サイト

いれぶんさんは700名以上が在籍するコミュニティ「いれぶん塾」を 運営してるインフルエンサーです。

きよあき

ESRも同様にコミュニティの力で盛り上がりを見せ、国内NFT市場復活のキッカケとなれば嬉しいですね!

NFTのメインデザインは全11種類

いれぶんNFT(ESR)には、メインとなる11種類のキャラクターデザインがあります。

出典:ESR公式サイト

11種類のメインデザインを土台に、全22,222種類のNFTがリリースされます。

なお、メインとなる11種類のNFTをコンプリートしたユーザーには、特典がプレゼントされる予定です。

2023年11月11日のセールは、NFT1体あたり0.001ETH(約300円)ですが、二次流通は価格がいくらになるかわかりません。

きよあき

二次流通とは、NFTの保有者が購入したい人に販売することです!

つまり、二次流通は人気が高まると価格が高騰しやすいので、あくまで余剰資金でESRを購入しましょう。

いれぶんNFT(ESR)のAL入手方法

2023年11月6日現在、いれぶんNFT(ESR)のAL(優先購入権)は入手できません。

ジジ

募集は2023年10月29日に終わってしまいました...。

ただし、今後はいれぶんさんが運営するオンラインコミュニティ「いれぶん塾」のメンバー向けにALが配布される可能性があります。

あくまで予定なので、公式DiscordいれぶんさんのXで最新情報を確認しつつ、気になる方はいれぶん塾に入塾しておきましょう。

≫いれぶん塾の詳細をみてみる

いれぶんNFT(ESR)の買い方

いれぶんNFT(ESR)の買い方を以下2つの方法に分けてご紹介します。

  • クレジットカードで購入する手順
  • 仮想通貨で購入する手順

クレジットカードで購入する手順

クレジットカードでいれぶんNFT(ESR)を購入するには、事前申込で入手できるAL(優先購入権)が必要です。

購入手順については、2023年11月11日のセールが始まったら追記するので、本記事をブックマークしてお待ちください。

仮想通貨で購入する手順

仮想通貨でいれぶんNFT(ESR)を購入する手順は、以下の5ステップです。

  • 国内取引所で口座開設
  • 仮想通貨ETHを購入
  • MetaMaskを作成
  • 仮想通貨ETHをMetaMaskに送金
  • いれぶんNFT(ESR)を購入する

国内取引所で口座開設

はじめに、国内取引所で口座開設しましょう。

本記事では、各種手数料が無料で利用できるGMOコインをおすすめしています。

GMOコインの口座開設手順は、【GMOコインの口座開設手順をわかりやすく解説】でご紹介しているので、あわせてご覧ください。

【手数料に関する重要なお知らせ】

利用する仮想通貨取引所によって、各種手数料で大損する可能性があります。

たとえば、コインチェックやビットフライヤーでは、仮想通貨ETHを1回送金するために0.005ETH(約1,200円)必要です。

※5回の送金で6,000円の損

ただし、GMOグループが運営するGMOコインなら入金・送金取引手数料がすべて無料で利用できます。

各種手数料で損しないためにも、事前にGMOコインで口座開設しておきましょう。

\最短10分で取引できる/

GMOコインで無料口座開設する

さらにGMOコインは、取引所で指値取引すれば取引手数料のキャッシュバックがもらえます。

多くの国内取引所で取引手数料は必要なので、損しないようにGMOコインで口座開設しておきましょう。

GMOコイン 手数料

仮想通貨ETHを購入

GMOコインで口座開設できたら、仮想通貨ETHを購入しましょう。

きよあき

ETHは、いれぶんNFT(ESR)を購入するために必要な仮想通貨です!

GMOコインで仮想通貨ETHを購入する手順は、【GMOコインで仮想通貨を購入する手順をご紹介!】をご参考ください。

MetaMaskを作成

仮想通貨ETHを購入したら、MetaMaskを作成しましょう。

きよあき

MetaMaskとは、仮想通貨を保管・換金するために必要なデジタルウォレットです!

MetaMaskの作成手順は、【MetaMaskの始め方とは?】でわかりやすく解説しているので、ぜひご覧ください。

仮想通貨ETHをMetaMaskに送金

MetaMaskを作成したら、購入しておいた仮想通貨ETHを送金しましょう。

送金手順については、【GMOコインからMetaMaskに仮想通貨を送金する方法とは?】をご参考ください。

いれぶんNFT(ESR)を購入する

2023年11月6日現在、いれぶんNFT(ESR)はリリースされていません。

いれぶんNFT(ESR)がリリースされ次第、本記事で買い方をご紹介するので、ブックマークしてお待ちください。

いれぶんNFT(ESR)の買い方に関する注意点

いれぶんNFT(ESR)の買い方に関する注意点をご紹介します。

  • ハッキング
  • 仮想通貨取引所の手数料
  • ガス代の高騰

ハッキング

NFTを保管するMetaMaskの情報を他人に教えてしまうと、ハッキング被害に遭う可能性があるのでご注意ください。

ハッキングの手口

  • SNSのDM
  • 偽サイトへの誘導
  • 見覚えのないNFTの送付

DiscordやXで知らない人からNFTに関するDMが来たときは、ハッキングあるいは詐欺の危険性があります。

ハッキングに関する詳しい内容は、【NFTのハッキング手口&対策をご紹介】で解説しているので、あわせてご覧ください。

仮想通貨取引所の手数料

利用する仮想通貨取引所によって、高い手数料が発生して損する可能性があるのでご注意ください。

送金手数料の例

  • コインチェック:0.005ETH(約1,000円)
  • ビットフライヤー:0.005ETH(約1,000円)
  • GMOコイン:無料

GMOグループが運営しているGMOコインは、各種手数料が無料の仮想通貨取引所です。

口座開設の手順については、【GMOコインで口座開設する方法をわかりやすくご紹介】をご参考ください。

【手数料に関する重要なお知らせ】

利用する暗号資産(仮想通貨)取引所によって、各種手数料で大損する可能性があります。

たとえば、コインチェックやビットフライヤーでは、暗号資産(仮想通貨)ETHを1回送金するために0.005ETH(約1,200円)必要です。

※5回の送金で6,000円の損

ただし、GMOグループが運営するGMOコインなら入金・送金取引手数料がすべて無料で利用できます。

各種手数料で損しないためにも、事前にGMOコインで口座開設しておきましょう。

\最短10分で取引できる/

GMOコインで無料口座開設する

さらにGMOコインは、取引所で指値取引すれば取引手数料のキャッシュバックがもらえます。

多くの国内取引所で取引手数料は必要なので、損しないようにGMOコインで口座開設しておきましょう。

GMOコイン 手数料

ガス代の高騰

ガス代とは、NFTを購入するときに必要な手数料です。

ジジ

取引するときに必ず必要な費用です!

NFTや仮想通貨の取引が盛んにおこなわれていると、ガス代が高騰する可能性があります。

個人的には、2,000円を超えるとガス代が高騰しているイメージなので、一旦時間を空けてから再度取引することをおすすめします。

ガス代に関する詳しい内容については、【ガス代ってなに?節約術まで徹底解説】でご紹介しているので、あわせてご覧ください。

いれぶんNFT(ESR)に関するよくある質問

よくある質問

  • いれぶん塾ってどうやって入るの?
  • NFTはオワコンって聞いたけど大丈夫?
  • ほかにおすすめのNFTは?

いれぶん塾ってどうやって入るの?

いれぶん塾は、毎月1~3日の間のみ、入塾できるオンラインコミュニティです。

2023年11月現在、「最高の生き方」を手に入れるために800名以上のユーザーが在籍しています。

詳しい入塾メリットや費用については、【いれぶん塾公式サイト】をご覧ください。

≫いれぶん塾の公式サイトをみてみる

NFTはオワコンって聞いたけど大丈夫?

2023年に入り、NFT市場は冬の時代といわれています。

しかし、2023年11月6日現在、国内のNFT市場は以下のように動いています。

上位5位のNFTコレクション

  • 取引数:217回
  • 取引量:14.99ETH(約430万円)

NFTがオワコンと言われている理由については、【NFTはオワコン?真相と将来性を解説】でご紹介しているので、あわせてご覧ください。

ほかにおすすめのNFTは?

当ブログがおすすめするNFTは以下のとおりです。

長期的に稼働しているNFTプロジェクトなので、一度チェックしてみてください。

いれぶんNFT(ESR)の買い方まとめ

いれぶんNFT(ESR)は、侍とロックを組み合わせたNFTコレクションです。

Xのフォロワー11万人を超える40代インフルエンサー「いれぶんさん」が運営しています。

とはいえ、NFTの購入ってむずかしいですよね。

たしかに、手順が複雑なので途中であきらめてしまう方も多いです。

しかし、本記事でご紹介している手順どおりに作業を進めれば、初心者でもNFTを購入できます。

なお、NFTを購入する際に必要な仮想通貨取引所は、GMOグループのGMOコインがおすすめです。

さらにGMOコインは、取引所で指値取引すれば取引手数料のキャッシュバックがもらえます。

多くの国内取引所で取引手数料は必要なので、損しないようにGMOコインで口座開設しておきましょう。

【手数料に関する重要なお知らせ】

利用する暗号資産(仮想通貨)取引所によって、各種手数料で大損する可能性があります。

たとえば、コインチェックやビットフライヤーでは、暗号資産(仮想通貨)ETHを1回送金するために0.005ETH(約1,200円)必要です。

※5回の送金で6,000円の損

ただし、GMOグループが運営するGMOコインなら入金・送金取引手数料がすべて無料で利用できます。

各種手数料で損しないためにも、事前にGMOコインで口座開設しておきましょう。

\最短10分で取引できる/

GMOコインで無料口座開設する

  • この記事を書いた人

きよあき

【Web3.0ブロガー×Webライター】 ▶Web3.0メディアのディレクター担当 ▶NFTの運用開始6か月で7桁達成 ▶NFTの最新情報をお届けするメディアです。 ※本ブログの「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

-NFT
-